生命保険契約者貸付制度でお金を借りる方法

生命保険でも契約者貸付でお金を借りられることを知っていましたか?

お金が必要なときは、突然やってきます。
予期しないものもあれば、以前からわかっていたということもあるでしょう。

 

給料もなかなか上がらない現状では、貯金を余裕を持ってやっているという人も少ないのではないでしょうか?

 

人によっては給料だけでは生活費をまかないきれなくて、内職したり仕事が終わってから副業を頑張っている人も現状では結構いるみたいです。

 

生活をしていくためにはお金が必要です。
しかしながらお金がないときに限って、お金が必要になときはあるものなのです。

 

その場合においては、貯金がなければどこからか借りるしかないのです。
ここではあまり一般的に知られていない、生命保険会社からお金を借りる方法をご紹介したいと思います。

 

生命保険の契約者貸付制度

 

契約者貸付制度とは、生命保険に加入していていることを条件に契約している生命保険の解約返戻金を担保に解約返戻金の一定の範囲お金を借りることができる制度なのです。

 

ただし、どの生命保険契約でも適用されるわけではなくて、貯蓄性が高く、解約返戻金のある商品が対象となっています。
一般的には終身保険や養老保険、個人年金保険などが該当しています。

 

まずは、自分の入っている生命保険に契約者貸付制度があるかどうかを確認してみてはいかがでしょうか。

 

契約者貸付制度の貸付利率

生命保険会社によって違いますが一般的には、契約した生命保険の予定利率に1%〜2%を上乗せした利率が適用されているようです。
予定利率とは、生命保険会社が生命保険の契約者に対して約束する保険金の運用利回りのことをいいます。
詳細は、契約した生命保険証券に記載されているので一度確認しておきましょう。

 

契約者貸付制度の貸付利率は一般のローンよりも格段に低くなっています。
そのため、自分が生命保険に入っていて契約者貸付制度を利用できる状態ならば契約者貸付制度を利用すべきだと思います。

 

貸付利率はちょっとの違いでも、借りた金額が多ければ返済時においてかなりの金額の開きになってくるのです。
また、生命保険を解約しなくてもお金を借りることができるというメリットがあるのです。

 

契約者貸付制度の返済方法

いつまでに返済しなければいけないというように、返済期限は設けられていません。
したがって、返済できる状態になったときに返済すればいいのです。

 

注意しなければいけないのは、いつ返済してもいいのですが当然ながら利息があるのですから返済が遅れればそれだけ返済金額も多くなってしまいます。

 

返済できないままに、保険契約が満期となったり、死亡したり・解約した場合などはどうなるのでしょうか?
その場合には、満期返戻金・死亡保険金・解約返戻金から元本と利息が差し引かれることになるのです。

 

通常の場合のローンですと、返済が出来ない場合にはいろいろな問題が出てきますが生命保険会社の契約者貸付制度ならば、最悪解約返戻金などからの返済になるのです。
しかし、生命保険の効力がなくなってしまうというデメリットがあるのです。

 

契約者貸付制度の手続きの例

手続きは、加入されている生命保険会社で違うとは思いますが一般的には次のようなものだと思います。

 

@電話連絡等により、保険証券に記載の保険証券番号を連絡して契約者貸付制度を利用する旨を伝えます。
A保険会社から手続きの書類が送付されます。
B契約者貸付制度申込書や請求書を記載して、他の必要書類と一緒に返送します。

 

その後保険会社にて手続きが完了すれば、お金を借りることができます。

 

 

契約者貸付制度は、ご存知ない方が多いと思います。
一方で生命保険は、契約金額はいろいろですが若いうちから加入されている方が多いようです。
せっかく毎月やボーナスなどで長期間払い込みをしているのにこの制度を利用しないのはもったいないですよね。

 

いい条件で一般の金融機関よりもお金を借りることができるのですから、困っているときには是非とも利用しておきたいものです。

 

契約者貸付制度を利用するためにも、自分の加入している保険会社の証券や約款などをよく読んでおきましょう。
約款などは読んでもよくわからないものですが、そのような時には生命保険会社に積極的に電話して聞くか担当者がいるのならば来てもらってよく説明してもらいましょう。

 

 

生命保険会社は、生命保険の契約には積極的動きますがこのような場合にはどうなかよくわかりません。
しかしながら、お金を長期間支払っているのですから利用できるものはなんでも利用してみましょう。

 

お金に困っている時は、何事も深刻に考えてしまいがちです。
返済のことを考えて貸付金利もいろいろ考えてしまうものだと思います。

 

契約者貸付制度は、他の金融機関でお金を借りることを考えてもかなり低く設定されていると思います。
生命保険に加入しているのならば、積極的に利用しましょう。

 

 

生命保険に加入していない場合

 

 

お金が必要になって、低金利でお金が借りることができる契約者貸付制度のこと知っていても生命保険自体に加入していなければこの制度を利用することはできません。
その場合の対応として、カードローンを利用する方法も検討してみましょう。

 

カードローンとは、個人が無担保で借りることができるものです。
また、使用目的も車とは教育とかに限定されることなく使用用途を限定されません。

 

ですから、生活費の補完としてはもちろん物品の購入などにも自由に使えるのです。

 

カードローンの特徴として、限度額内であれば何度でも借りたり返したりができるのです。
返済の方式は、一般的にはあらかじめ決められた返済額に基づいて返済をする残高スライド定額リボルビング方式です。

 

 

カードローンでの気になる点は、申し込みした後に審査があることです。
この審査は、申し込み人がきちんと返済していける能力があるかどうかを調査するものです。

 

その際には年収や勤務先、他社からのどのくらい借りているかなどが見られます。
また過去における返済履歴も見られると言われています。

 

何回も期限までに返済しない、いわゆる延滞を繰り返していては信用という面で審査を通ることが難しいと思います。

 

この審査が通れば、あとはお金を借りることができます。
申し込みはオンラインで簡単な入力だけをすれば可能です。

 

また本人確認書類などの必要書類も、オンラインで写メなどで送付することが可能になっています。
部屋に居ながら申し込みができるのです。

 

急いでいる人のために、即日での口座振り込みで融資を受けることも可能です。

 

カードローンは銀行系や消費者金融系などいろいろなところがあります。
即日振り込みに特徴があるところや、低金利を主張しているところなどあります。

 

自分の使いたい目的に合わせて、カードローンを選ぶことができます。

 

カードローンを利用するにあたっても、コンビニATMを利用できるところが多いですからちょっとしたときに借りることができて、返済も簡単にできます。

 

店舗まで行かなくてはならないのならば、交通費や時間などを費やしてしまうことになります。
コンビニならば今では住んでいる近くにあると思います。

 

このようにお金を借りるには、生命保険の契約者貸付制度カードローンなどあります。
もちろん生命保険に加入しているのであれば、まずは生命保険の契約者貸付制度を利用するべきだと思います。

 

こ残念ながらの制度を利用できない時には、カードローンを利用することを検討してみましょう。

 

 

wardfamilybluegrass.com
threatnuker.com
themeadowflowers.com
afo4.com
yellowbed.net
kingtroll.com
fourthmediaonline.com
monopolygamer.com
you-date.com
yalpy.com
triofuego.com
sdjnslmy.com
visitaelpuerto.com
pouksim.com
ibaphil.com